少額の余ったANAマイルの使い道

ANA

そんなにマイルは貯める気はないけど、ただ何となくANAマイレージクラブの会員になっていて少額のマイルを持て余してる、なんて方いらっしゃいませんか?

例えばANAの航空券を購入する際に、お知り合いなどから「せっかくならマイル貯めた方がいいよ」とANAマイレージクラブを勧められて入会したけど、その後ほったらかしとか。

ANAの場合マイルで航空券を取るのに通常5,000マイルから必要なのですが、この場合航空券を取れるほどマイルは貯まっていないのではないでしょうか?

 

そうは言っても、

 

 
マイラー
せっかくマイル持っているんだから活用したいよ!
 
 
って思うのが人情だと思います。
最初に言っておくと、ANAマイルを航空券以外に使う方法は意外と限られており、少額のマイルとなると更にハードルが高くなります
例えば、ANAマイルをTポイントに替えることもできますが、10,000マイルからの交換となるので、そんなに多くのマイルを持っていない人からしたら難しいですよね。
 
 
P’hiro
じっくりマイルを貯めようにも、マイルの有効期限は3年だから難しい
 
 
この記事では、少額のマイルをお持ちの方がそのANAマイルを無駄にすることなく活用できる方法をご紹介していきます。
ANAマイルを活用できる方法が見つかれば幸いです!
 

3,000マイルあれば飛行機に乗れるかも

ANAの場合、シーズンや路線によって5,000マイルから国内線特典航空券を取得することができます。
(それに加えて旅客施設使用料の支払いが必要な場合があります。旅客施設使用料の詳細はこちらの記事をご覧ください。)

 


マイラー
おいおい、5,000マイルも持ってないからこの記事読んでるんだよ、コイツ分かってねぇなー
 
って怒らないでくださいね。
 
それでしたら、3,000マイルはありませんか?
3,000マイルあればANAの飛行機に乗れるかもしれませんよ!
 
ANAは「トクたびマイル」という、毎週特定の路線で必要マイル数を割くセールを行っており、必要マイル数は片道3,000マイル~となっていることが多いです。
トクたびマイルについては関連記事に詳しく書いています。
 
特典航空券は片道から取得できますので、トクたびマイルを使えば特典航空券を取得しやすくなりますね。
1マイルあたりの価値から考えると、航空券の取得でマイルを使うのが一番お得だと思います。
ANAマイルの有効期限は取得から3年ですので、3,000マイル近く貯まっている方で有効期限に余裕のある方は3,000マイルを貯める計画を練ってみてもいいかもしれません。
 

マイラー
いやいや、3,000マイルも貯まる見込みないぜ?
 
という方には別の利用法をご紹介しますので、続けて読んでいってくださいね。

 

3,000マイル未満でANAマイルを有効活用する方法

 

3,000マイル未満となるとANAマイルを活用する方法はかなり限られてくるのが正直なところですが、まったくない事もありません。

1つずつ紹介して行きます。

スカイコインに交換する

ANAにはスカイコインという電子クーポンがあります。

このスカイコインはANAで航空券やツアー商品を購入する際に1コイン=1円として使えるもので、マイルと違って現金と支払いが併用できるため少額でも使い勝手が良いです。

1マイル=1スカイコインに交換することができ、支払いに利用する際は10スカイコイン単位で利用できます。

スカイコインの有効期限は1年ですので、失効しそうなマイルをスカイコインに交換して延命を図るなんてこともできますね。

特典航空券を取るほどマイルは持っていないけど、1年以内にANAに搭乗する予定があったりANAでパッケージツアーを購入する予定のある方などはスカイコインへの交換を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

「ANAカードファミリーマイル」で家族とマイルを合算する

「ANAカードファミリーマイル」というシステムを使えばご家族とマイルを合算することができますので、特典航空券を取得できるチャンスが広がります。

ただ、この「ANAカードファミリーマイル」はANAカード(クレジットカード)を持っている人限定(18歳未満および高校生はANAマイレージ会員であれば可)となっていますので、この記事を必要としてくださっている方には使いにくいシステムなのかな、と思います・・。

ANAの通販サイト「A-style」でマイルを使う

ANAは「A-style」という通販サイトを運営しています。

ここでは、ファッションや雑貨、家具、ワイン、食品などを取り揃えています。

1マイル=1円で利用できますので、マイルを余すことなく使い切ることができますよ!

ピーチポイントに交換してPEACH SHOP ONLINEで使う

ANAマイルはピーチ航空のピーチポイントに交換することが出来ます。

 

 

 
P’hiro
ピーチ・アビエーションはANAホールディングスの一員で、最近ではANAとのコードシェアも始めたね。
 
 
500マイルからピーチポイントに交換できるため、少額しかマイルが残ってなくても使いやすいですね!
ただ、500マイルに対して450ピーチポイント(=450円分のポイント)に交換ですので、交換率はいまいちですね。
 
ピーチポイントは、ピーチ航空の航空券や各種料金などの支払いに充てられます。
また、ピーチ航空もPEACH SHOP ONLINEというファッション雑貨通販サイトを運営しており、そこでのお買い物にもピーチポイントが利用できます
PEACH SHOP ONLINEはA-styleとはまた違ったテイストの雑貨などを取り扱っており、ファッショナブルな商品を扱っている印象です。
ピーチポイントの有効期限は発行から180日と短めですので、失効には注意が必要です。
 

「トラノコ」でマイルを使って投資する

「おつりで投資 トラノコ」なら、ANAマイルでトラノコの投資信託に投資ができます。

1マイルあたり0.5トラノコポイント(=0.5円)の交換率で、ひと月あたり1000マイル(=500円分)まで投資できます。

 

 

 
P’hiro
マイルを航空券に交換すれば最低2円くらいの価値にはなるから、1マイル0.5円の交換比率は決して良いとは言えない。
 

 

この上限や交換比率は今後改善していくとのことですが、どうなんでしょうね・・。

なお購入した投資信託は現金で引き出せますので、ある意味マイルの現金化にも使えるわけです・・。

 

まとめ

少額の余ったANAマイルを活用する方法をまとめると、

3,000マイルあればトクたびマイルを使って国内線片道航空券が取得でき

3,000マイル未満であれば以下のようなマイル活用法が挙げられます。

 

  • スカイコインに交換する
  • 「ANAカードファミリーマイル」で家族とマイルを合算する
  • ANAの通販サイト「A-style」でマイルを使う
  • ピーチポイントに交換してPEACH SHOP ONLINEで使う
  • 「トラノコ」でマイルを使って投資する

などが挙げられます。

他にもマイルで寄付するなど、まだまだ活用法があるのだと思います。

マイルは特典航空券でこそ一番価値を発揮すると思いますが、

それが難しいのであれば、交換率や1マイル単位で使える点などを考慮すると、スカイコインに交換したりA-sytleで買い物するのが良いのかなと個人的には思います。

本当はAmazonのギフト券などに1マイル=1円単位から交換できればとても使い勝手が良いんですけどね。

 

 

 
P’hiro
都合よすぎ
 
この記事が、あなたのご参考になれば幸いです。

フォローをお願いします!