バンコクからパタヤへの移動はエカマイからバスが便利

バンコクからパタヤへ移動するには様々な手段があります。

タクシーやバス、電車、さらにレンタカーなど。

その中で私はバスで行くのが一番便利だと思います。

ここではその理由と、旅行者にとって便利なエカマイ・バスターミナルからのパタヤ行きバスについて紹介するとともに、実際私が乗車した時の話も書いてきます。

 

バンコクからパタヤへの移動でバスをおススメする理由

どの移動手段も一長一短、良さもイマイチなところもあるのですが、その中でバスが一番バランス良いかなと思います。

比較的安い

バンコクからパタヤまでタクシーで行こうと思うと、どれだけ安くても1,500バーツほどかかります。

一方バスであれば、おおむね150バーツ未満でバンコクからパタヤまで行けます(2022年時点)。

バンコクのバスターミナル(エカマイ・モーチット)からでも、スワンナプーム国際空港からでも、パタヤ行きのバスは150バーツ未満です。
 
P’hiro
私が2022年7月にエカマイからバスでパタヤに向かった際は131バーツでした。
 
バスの値段は年々少しずつ上昇していますが、それでもリーズナブルな地位は揺らぎません。
 
値段で言えば鉄道が一番安いですが(2022年時点で31バーツ)、
鉄道は本数が平日1往復のみで、平日は移動時間が3時間以上かかる、パタヤ駅がパタヤ・ダークサイド(スクンビット通りより東側のエリア)に位置するため不便である、
などの理由でバスをおススメさせて頂いています。
 
ちなみにバスターミナルまでの電車賃やパタヤに到着してからタクシーを使った場合の交通費を考慮すると、なんだかんだ500バーツくらいかかってしまうこともありますが、それでもタクシーの1/3未満ですのでやはりバスは安いと言えます。

移動時間もそこまで長くない

移動時間でいうと、一般的にバスよりタクシーの方が短いことが多いです。

 
P’hiro
タクシーはかなり飛ばす運転手さんいるし、途中で停留所に寄る事もないし。
 
また、パタヤに到着してからホテルなどの目的地へもダイレクトで行けるので便利でもあります。
ただ、そうは言ってもバスもそこまで遅いわけではありません。
エカマイからノースパタヤのバスターミナルまで、タクシーであれば2時間くらいかかるところ、バスだと2時間30分かからないくらいのイメージです。
利便性を考えるとタクシーですが、価格差を考えるとバスの方がおススメかと思います。
 

タクシーよりは安全で乗り心地が良い、かも

これは一概には言えないところですが、

バスはそこまでスピードが出る乗り物ではありませんし、大きな乗り物ですので運転手さんもそこまで無茶な運転をしないのが普通です。

一方、タクシーは運転手さんによってはかなりスピードを出したり頻繁に車線変更をして追い越しをするなど、乗ってて怖い思いをすることがあります。

また、タクシーだと車によっては乗り心地が悪い車に当たってしまうこともあります。

私が初めてタイに行って初めて乗ったハイヤーは車のサス抜きをしていたようで、非常に乗り心地が悪かったのを覚えています。

深夜便でタイに来たため車の中でウトウトするのですが、路面の凸凹がモロに伝わるので、その都度目が覚めてしまいました。

これがタイで乗った最初の車だったため「タイの舗装はとんでもなくひどいな!」と思いましたが、今思えばひどいのはその車でした。

 
その点、ここで紹介するバスはちゃんとした大型バスですので、乗り心地が悪いなんてことはありません。

1時間に1本走っている

今回紹介するエカマイのバスターミナルからパタヤへ向かうバスは、朝6時から夜21時まで1時間ごとにバスが出発しています。

ですので、ほぼ好きな時間帯にバンコクからパタヤへ向かうことができ便利ですね。

最新の時刻表については、こちらの公式サイトからご確認ください。

モーチット(チャトチャック)よりエカマイの方が便利な場合が多い

バンコクからパタヤへ行くバスターミナルは、モーチット・バスターミナルとエカマイ・バスターミナルの2か所ありますが、多くの旅行者にとってはエカマイ・バスターミナルの方が便利だと思います。

モーチットよりエカマイの方が交通の便が良い

モーチット・バスターミナルの場所など

モーチット・バスターミナル(または、チャトチャック北バスターミナル)は、バンコクの北側、ドンムアン空港の方向にあります。

旅行者が多いシーロムやスクンビットエリアなどの都心からは少し離れた場所にあります。

また鉄道駅からは距離があるため、路線バスを使ったり徒歩で向かう必要があり不便な場所にあります。

一方あとで詳しく書きますが、エカマイ・バスターミナルはBTSエカマイ駅の目の前なので、交通アクセスのしやすさはエカマイの方が上です。

ドンムアン空港からならモーチットの方が便利かも

ただ、ドンムアン空港からだとエカマイよりモーチットの方が近いし行きやすいので、ドンムアン空港からはタクシーなどを利用してモーチット・バスターミナルからパタヤへ向かう方が便利かもしれません。

エカマイの方がバスの本数が多い

モーチットからパタヤへ行くバスは2時間に1本の間隔ですが、エカマイは1時間に1本です。

また始発はともに6時ですが、最終バスはモーチットは18時に対してエカマイは21時です。

詳細は公式サイトをご覧ください。

パタヤ行きバス乗車記

実際にエカマイ・バスターミナルからパタヤ行きバスに乗ったので、その時のことを書いていきます。

エカマイ・バスターミナルはBTSスクンビット線エカマイ駅の目の前

エカマイ・ バスターミナル(バンコク東ターミナル)は、BTSスクンビット線エカマイ駅の目の前です。

駅から徒歩で行くことができ、雨でもなんとか凌げる距離なので非常に便利な場所にあります。

エカマイ駅はアソーク駅からBTSスクンビット線で3駅ととても近いので、スクンビットエリアはもちろん、シーロムといった他のエリアからもアクセスしやすいと思います。

バスターミナルにて

エカマイ・バスターミナルに到着しました。

エカマイ駅は目の前です。

バスターミナルに到着すると、さまざまなチケット・ブースがあるのが目に入ってきます。

 
P’hiro
うーん、どこでバスのチケットを買えばいいんだ??
 
どこでバスチケットを買えばいいのか分からず、とりあえず

チケット売り
パタヤ~、パタヤ~!
 
と大騒ぎしている兄ちゃんのいるブースへ。
ところがそこはロットゥー(ミニバス・ジャンボタクシーの類い)のチケット売り場で、1,500バーツと予算の10倍のシロモノでした。
 
 
P’hiro
ここまで来て、それは論外
 
お兄さんのオファーを断り再びバスチケットのブースを探して、ようやく発見。
一番手前の青字で「PATTAYA」と書いてあるのがバスのチケットブースです。
パタヤまでの運賃は131バーツでした。
チケット・ブースでお金を払い、バス・チケットを受け取ります。
このチケットには、
  • 出発時刻
  • バスの番号
  • 指定された座席番号

といった重要情報が記載されております。

バス乗車時にもチケットのチェックがありますので、単なるレシートだと思ってその場で捨てないようにしましょう。

乗車

チケットを買ったら、バスターミナル裏手の駐車場で出発を待ちます。

パタヤまで休憩はありませんので、出発までに売店で飲み物や食べ物を買ったりトイレを済ませておくと良いでしょう。

向かって右が今回乗車したバスです。

大型バスですので、スーツケースをトランクに預けることができます。

 
P’hiro
ぶっちゃけ、左のバスに乗りたかった・・。
 
ちなみに先ほどのチケットを見ると、バスの番号は48-11と書いてあります。
バスの番号はナンバープレートの番号ではなく、車体に書かれています。
出発時刻が近づき、バスに乗り込みます。
バスに乗ったら指定座席に着席するのですが、ここで私は座席を間違えてしまいました。
チケットには座席ナンバーが8と書かれていたので、ここに着席しました。
お分かりでしょうか?
この時点で私が座っていた座席は実は12番で、本来の私の座席は目の前の「8」と書かれた座席だったのです。
ちょっとこれは分かりにくいですね。
勘違いに気づくまで、5分くらいかかりました。
 

パタヤまでの所要時間は約2時間半

私が乗車したときは、エカマイを出発してノースパタヤのバスターミナルまで2時間20分かかりました。

とくに渋滞もなく順調に進みましたが、スクンビット通りを通りますので時間帯によっては渋滞でもっと時間がかかる可能性はあります。

途中、高速に乗る前にもう1か所バスターミナルによって、高速道路に乗ります。

スワンナプーム空港付近まで45分ほど、北パタヤ・バスターミナルまでは2時間20分かかりました。

バスに乗っていると腹痛が・・。

バスはパタヤまで約2時間半、休憩なしで進みます。

こういう時に限ってお腹が痛くなったりするんですよね。

 
P’hiro
昨夜の飲みすぎが祟ったか・・。
 
バスの中にはトイレがついています。
ただ、正直できれば使いたくはないですよね・・。
腹痛はパタヤまで合計4波来ましたが、なんとか我慢しました・・。

途中バスは遠回りをすることに

バスはパタヤ近くにくると、バスは思ってたのとは違う方向に進みました。

パタヤに行くのであれば、上の地図の赤矢印で示したルートが一番早いのですが、バスは遠回りをしてます。

 
P’hiro
お腹痛いのに・・・!!

その後スクンビット通りに出ると、パタヤ北部・ナクルアのバス停などにバスは停車。

だからちょっと遠回りしたわけなんですね。

ナクルアあたりに用事があるのであればこの辺りで降りるものアリですが、大抵の旅行者はビーチロードとかソイ・ブッカオとか辺りに向かうでしょうから、終点の北パタヤ・バスターミナルまで乗車しましょう。

北パタヤ・バスターミナル到着

エカマイから出発して2時間20分。

バスは北パタヤのバスターミナルに到着しました。

スワンナプーム空港からパタヤ行きバスに乗ると、ジョムティエン・バスターミナルに連れていかれるのですが、エカマイやモーチットから行くと北パタヤ・バスターミナルになります。

個人的にはジョムティエンの方が流しのソンテウを捕まえやすいので好きなのですが、まぁ仕方がありません。

北パタヤバスターミナルの位置はこちらです。

バスターミナルがノースパタヤロードの南側なら流しのソンテウを捕まえやすいのですが、残念ながら道路の北側。

私は北パタヤから離れたインターコンチネンタルに滞在したため、バスターミナルからは300バーツでソンテウをチャーターしました。

バンコクからパタヤまで快適なバスに乗って131バーツで来れたのに、大して乗り心地も良くない、エアコンもないソンテウでちょっと市内を走っただけで300バーツ取られるのは何か納得いかないですけどね!!

 
P’hiro
しかもソンテウのオヤジの態度も悪いし。
 
バスターミナルからの移動手段は研究しておいた方がよいですね・・。
ちなみに、エカマイのバスターミナルのトイレは無料でしたが、北パタヤの場合は3バーツだか5バーツだか取られました。
 
P’hiro
しかもトイレットペーパーは無し!
 

おわりに

バンコクからパタヤまでの移動には、価格・時間・利便性・快適性からバスが一番バランスが取れていると思います。

特にエカマイのバスターミナルはBTSの駅前にあるため、荷物が多くても利用しやすいですね。

パタヤに着いてからホテルなどへ移動する際にタクシー代がバス代と比べて高いのが気になりますが、BTSの電車賃とバス代、パタヤでの移動費を合わせても500バーツ程度ですので、移動費合計でもバンコクからタクシーで移動する場合に比べて1/3から1/4くらいで済みます。

バンコクからパタヤへは、バスの利用をおすすめします。

フォローをお願いします!